岐阜県恵那市にある小さな町「明智町」

大正村とも呼ばれるこの町全体からは、大正時代の雰囲気が醸し出されゆったりとした時が流れています。

 

自然豊かなこの土地では、新鮮な空気と澄んだ水にも恵まれています。

 

大正15年、そんな田舎町に「大木せんべい店」として創業した当店。

当時は、作ったおせんべいを毎日一斗缶6つずつ自転車に積み、各商店へ移動販売していました。

 

昭和30年、2代目店主より「大木菓子舗」として現在の位置に店舗を構え、和菓子の製造販売を始めました。

現在では、公民館教室でのお菓子の先生など地域に密着した当店。

地元のお客様から特別な茶菓子のご要望があれば、イメージに沿った製品開発も行っております。

 

最近では恵那市観光物産館「えなてらす」にて栗きんとんをお取り扱いいただくようにもなり、遠方のお客様にもお届け出来るようになりました。

先代から受け継がれた「昔食べた懐かしい味」

今後もこの味を大切に一つ一つ手作りしていきます。

 

また小さな和菓子屋だからこそお客様一人ひとりを大切に、ご要望にもお応えしていきたいと思っております。

栗きんとん発売中

大木菓子舗

〒509-7705

岐阜県恵那市明智町519-1

☎(0573)-54-2550

ohkikashiho@gmail.com

 

営業時間 8:30~18:00

定休日:水曜日・元旦